スキンケア

【毛穴パックってうまくいかないな…】すぐに解決!効果的な使い方のポイント【5つ】

現代ではタレントや女優のようなツルツルお肌の方が増えていますよね。綺麗な肌を目指すために毛穴ケアは欠かせないものです。

あなたは毛穴パックをして「うまくいかないな…。」と思ったことはありませんか?価格も手ごろで簡単そうなのに、うまく角栓が取れなくてガッカリ…なんてことも。

[st-kaiwa1]毛穴パックってうまくいかないんですよね…。[/st-kaiwa1] [st-kaiwa2 r]使い方を間違えているのかも。正しく使えば効果はありますよ。[/st-kaiwa2]

毛穴パックがうまくいかないのは、どうしてでしょうか?

この記事では、毛穴パックがうまくいかない原因と対処法について紹介します。

毛穴パックってうまくいかないものなの?

毛穴パックがうまくいかない

肌をキレイに保つために毛穴ケアはマストですが、色々なケア方法がありますよね。その中でも簡単に取り入れられる毛穴パックは「うまくいかない…。」と悩んでいる人が多いです

毛穴パックがうまくいかないよ…

毛穴パックはドラッグストアなどで手ごろな価格で手に入り、手軽に使えますよね。でも、いざ使ってみたら「うまく行かない…。」と思う人は多いようです

毛穴パックと言えば

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • シートタイプ(貼って剥がすタイプ)
  • クレイタイプ(塗って乾いたら洗い流すタイプ)
[/st-mybox]

の2種類があります。

特にシートタイプは使い方はすごく簡単ですが、うまくいかないという人は多いです。一体なにが原因で、うまくいかないのでしょうか?

毛穴パックのコツってあるのかな…

毛穴パックは手軽に試せる毛穴ケア用品で、男女関係なく利用したことがある人は多いです。「角栓がごっそり取れた♪」という人もいますが、何かコツはあるのでしょうか

使用方法を見てみると、なにも難しいことはないように感じます。でも、効果的に毛穴ケアをするために守るべきポイントがいくつかあるんですよ

 

【原因】毛穴パックがうまくいなかないのはナゼ?

毛穴パックでキレイになりたい

せっかく肌をキレイにしたいと思って毛穴パックをしているのに、うまくいかないとガッカリしてしまいますよね。

毛穴パックがうまくいかない原因は主に5つ

[st-mybox title=”原因5つ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 肌に皮脂が残っている
  • パックの前にスキンケアをしてしまった
  • 顔や手が濡れている
  • 肌に密着していない
  • 放置時間を間違えている
    [/st-mybox]

肌に皮脂が残っている

肌にメイク汚れや皮脂が残っていると、毛穴パックがピタッと密着しないので洗顔は必須です。肌に脂分が残っていると水を弾いてしまい、うまく貼れない原因に。

水やぬるま湯だけでの簡単な洗顔では、余分な皮脂が取れずに残ることも。洗顔料のたっぷりの泡で、肌を擦らないように丁寧に洗うようにしましょう。

パックの前にスキンケアをしてしまった

洗顔してから先にスキンケアしてしまうと、シートタイプの毛穴パックがキレイに貼れなくなります。化粧品によって、毛穴パックの吸着成分が角栓をキャッチするのを妨げる原因に。

毛穴パックをするときは洗顔した直後、スキンケアの前に行うようにしましょう。スキンケアは毛穴パックをし終わってから、じっくり丁寧にして下さいね。

顔や手が濡れている

顔と手が濡れている

顔や手が濡れたままシートタイプの毛穴パックを使おうとすると、吸着成分が溶けてベタベタに。そうすると、うまく角栓に密着しないので失敗に繋がります。

シートタイプの毛穴パックするときは、たっぷりの水で濡らしてから貼ります。その場合も、きちんと手の水分を拭き取ってから使用するようにしましょう。

肌に密着していない

シートタイプの毛穴パックは、密着させるために切り込みが入っています。なのに、ただシールを貼るように、軽く貼り付けるのは間違い

吸着成分が角栓をキャッチできないので、効果がなく失敗に繋がります。切り込みを使って鼻の形に合わせてフィットさせる必要が。

放置時間を間違えている

シートタイプの毛穴パックは放置時間が決まっており、時間が短すぎても長すぎてもダメ。短ければ角栓をキャッチできないし、長ければ吸着が強くなり剥がすときに肌を痛める危険性が。

商品のパッケージに目安の時間が書いてあるので、しっかりと守りましょう。もしもカチカチになるほど乾いてしまったら、無理に剥がすことは厳禁。

 

【対処法】毛穴パックがうまくいくポイントは?

毛穴ケアでキレイな素肌

毛穴パックで効果的に毛穴ケアするために、正しい使用法を知ることが大切です。

正しく使うためのポイントは以下の5つ

[st-mybox title=”対処法5つ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • クレンジング・洗顔を丁寧に
  • 洗顔後まずは毛穴パックから
  • 水気をしっかりふき取る
  • 肌にしっかり密着させる
  • 放置時間を守る
[/st-mybox]

クレンジング・洗顔を丁寧に

毛穴パックがうまくいくようにするには、まず肌の上にある余計な皮脂を落とすところから始めましょう。しっかりとメイクを落とし、洗顔料をたっぷり泡立てて優しく洗い皮脂を除去。

そうすることで、毛穴パックをしっかりと貼り付けることができます。効果を高めたいなら、余計なものをしっかりと取り除くようにしましょう。

洗顔後まずは毛穴パックから

洗顔をしたら化粧品などでケアをする前に、毛穴パックを使うようにしましょう。先に化粧水などを付けてしまうと、毛穴パックがうまく貼れない原因に。

洗顔後すぐに使うことで、密着度が高まり効果を発揮します。乾燥が気になるなら毛穴パックを貼ってから、その周りだけ保湿を。

水気をしっかりふき取る

水気を拭き取る

手指に水気が残っていると、パックを貼るときに吸着成分が溶け出しベタベタする原因に。洗顔後はしっかりタオルで水分を取り除くようにしましょう。

肌をたっぷりの水で濡らしてから貼りますが、パックを触る前に手指の水気を拭き取るのを忘れずに。スプレーボトルなどを使うと手を濡らさずに済むので便利ですよ。

肌にしっかり密着させる

毛穴パックを貼る前に、切り込みを軽く開いておくと貼りやすくなります。たっぷりと水で濡らしたら、真ん中から外に向かって、指で空気を抜くように貼るのがコツ

切り込みを使って鼻の形にフィットさせるように貼るのがポイント。しっかり密着させることで、角栓をしっかりキャッチして効果を発揮します。

放置時間を守る

毛穴パックの放置時間の目安は

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

夏:10~15分
春・秋・冬:5~10分

[/st-mybox]

となっています。

効果を高めたいからと放置時間を長くすると、剥がすときに痛みを伴う原因に。乾かし過ぎたと感じたら水で少し濡らして柔らかくしてから剥がすと、肌を傷めずに済みます。

[st-kaiwa1]本当にこれで毛穴パックがうまくいくのかな?[/st-kaiwa1] [st-kaiwa2 r]何度も失敗すると不安になりますよね。他にも毛穴ケアに効果的なアイテムがありますよ。[/st-kaiwa2]

【根本解決】美容液でスペシャルケアを

毛穴ケア美容液

美容液は目的に合わせて、日々のスキンケアと一緒に使うプラスワンアイテム

目的としては…

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 保湿
  • 美白
  • シワ・ハリ対策
  • 目元専用
[/st-mybox]

などの種類があります。

肌は20代後半~30代以降になると、水分量が減ってきて肌トラブルにつながることも。「基本のスキンケアだけでは心配…。」という人は、取り入れてみる価値ありですよ。

スペシャルケアとして日々のスキンケアにプラスすれば、タレントや女優のようなツルツルたまご肌に。キレイなお肌で毎日メイクするのが楽しくなりますね♪

わたしの体験談

美容液でツルツル肌に

「美容クリニック通いを疑われました…」たった3日で実感!ミカンおばさんと呼ばれた27歳主婦がツルツル美肌を手に入れた物語